無料アプリ「Phonto」でスマホだけでお洒落なアイキャッチ画像を作る方法

どうも、あず(@yuuki_azusa)です

私のブログは、全てiPhoneとiPadで書いています。

もちろん、記事に使う画像などもパソコンを使わずに全てiPhoneかiPadで編集しています。

今回は私のアイキャッチ画像を作っているアプリ「Phonto」を紹介。

パソコンが使えない環境の時など、使ってみて下さいね〜。

Phontoにフォントを追加する方法はコチラ。

[kanren2 postid=1492]

Phontoでアイキャッチ画像を作る

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ
開発元:youthhr
無料
posted with アプリーチ

PhontoはiOS・Android用無料アプリです。

課金することで機能を増やすことは出来ますが、無料のままでも充分です。(私は広告非表示のアドオンのみ課金しています)

Phontoの使い方

今回はiPad版の画面でアイキャッチ画像の作り方を説明していますが、iPhone版でもAndroid版でも操作方法は同じです。

Phontoを立ち上げて、下部中央にあるカメラマークをタップします。

今回は既に保存している画像を使うので、「写真アルバムから選ぶ」を選択します。

カメラロールの画像が表示されるので、使用する画像を選びます。

画像を選ぶとフィルターをかけるか選ぶことが出来ます。この機能は設定でオフにすることも出来ますよ。

画像の適当な場所をタップして、表示された「文字を追加」を選びます。

文字入力画面になりました。

入力したい文字を書いたら、右下の「完了」を押したら準備完了。

入力した文字が表示されるので、タップしてみるといろいろな項目が出てきます。

各機能は以下の通り。

  • 文字 → 文字の修正が出来ます
  • フォント → 文字のフォントを変更出来ます
  • スタイル → 文字色や背景色などを変えられます
  • サイズ → 文字のサイズを変えられます
  • 傾き → 文字の傾きを変えられます
  • 移動 → 文字の移動は指でドラックすることで可能ですが、細かい調整をしたいときはこちらが便利です

アイキャッチ画像を作る場合は、主にスタイルを触っていきます。

私がアイキャッチ画像を作るときは、「背景」とスタイル欄から「文字の間隔」を変更しています。

好みの色の背景や、文字の間隔を選んで調整していきます。

ちなみに今回は使用していませんが、スタイル→カーブを選ぶと、こんな風に文字を丸く表示させることも出来ますよ。

画像を見ながら文字の大きさや位置などを微調整して、出来上がったら右下のマークをタップして「画像を保存」を選んだら完成。

まとめ

スマホがあれば簡単にアイキャッチ画像が作れる「Phonto」。

私はいつも、シンプルに可愛くをモットーに作っていますが、使い方によってはいろいろな画像を作ることが出来ます。

もちろんアイキャッチ画像以外もOK!

また、Phontoにはデフォルトでたくさんのフォントが収録されていますが、自分で自由に追加することも出来るので、簡単にオリジナリティを出すことも出来ますよ。

パソコンを立ち上げるのが面倒だったり、手軽にパパッと作りたいときには、是非使ってみて下さいね〜。

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ
開発元:youthhr
無料
posted with アプリーチ

Phontoにフォントを追加する方法はコチラ。

[kanren2 postid=1492]

最後まで読んでくれてありがとうございました。あず(@yuuki_azusa)でした

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です