ペルソナは自分の娘。子供向けのブログを作りました。

どうも、あず(@yuuki_azusa)です

11月の運営報告」でチラッと言っていた新しいブログ、ついに公開できる状態になりましたのでご報告させてください!

新ブログ「きっずくえすちょん」開設

この度、新しく「きっずくえすちょん」というブログを開設しました。

ずっと私のやりたかったことを、ここにきてようやく形にすることができたブログです。

ペルソナは自分の娘です

きっずくえすちょん」を読んでもらう相手として一番に想定しているのは、私の長女です。

長女は現在小学2年生で、私の仕事に興味は持っているものの「あずさんち」を読ませても意味が理解できません。

何故なら、「あずさんち」は小学生が一人で読むことを想定していないからです。

しかし、「きっずくえすちょん」は小学生を読者として想定しているので私の娘が一人で読めるように作っています。

文字を読まない子供たち

きっずくえすちょんについて」というページに詳しいことは書いているのですが、私は子供たちにもっと字を読んでほしいと思っています。

うちの娘たちを含め、YouTubeにハマっている子供はとても多いと思います。

YouTubeはとても良いコンテンツだと思います。面白くなくなってきたテレビ番組に代わり、子供たちがYouTubeにハマるのは納得です。

しかし、どんどん「文字を読む」という行為をしなくなっているような気がしていました。

小学館の「小学○年生」という子供向け雑誌は、「小学8年生」として発刊数を減らしました。

現在27歳の私が現役で小学生だった頃は、当たり前のようにみんなが読んでいた雑誌なのに。

うちの娘も本に対する興味がありません。

子供の興味は変わっていないはず

私は何をするときも仮説を立てて行動します。

きっずくえすちょん」を作る前に立てた仮説はこうでした。

[aside type=”normal”]仮説

子供の興味は、私が子供の頃から変わっていない。[/aside]

時代は変わり、手段は増えました。

しかしそれは、子供たちが「楽しい」と思えることが増えたのであって、私が子供だった頃に楽しかったことが今の子供に楽しくないわけではないはず。

有料の雑誌ではなく、無料で読めるネットコンテンツなら子供たちが文字を読むキッカケになるのではないか?

子供が読みたい内容を読めるように

きっずくえすちょん」では、子供たちが興味を持てるような内容を記事にするようにしています。

子供は純粋で無知、そして好奇心旺盛です。

だからこそ「何故?」「どうして?」と、たくさんの疑問を持ちます。

そんな子供たちが検索を使ってみたとしても、漢字が読めない・文章が理解できないために結局「ハテナ」のまま終わってしまいます。

だから「きっずくえすちょん」では、子供たちが意味を理解できるように言葉を選び、漢字や英語にルビを振っています。

子供が一人で文章を読み、理解できるようなブログにしています。

正直、運営はかなり大変です

相変わらずスマホやiPadのアプリ「PressSync Pro」からブログを書いている私は、全ての文字にルビ振りをするのもとてつもなく大変です。

「この言葉の意味理解できる?」と、長女に確認しながら記事を書き、理解度を深めるためにイラストを描く。

今まで運営してきたブログの比ではないほど大変です。

しかし、「きっずくえすちょん」を長女が読みながら喜んでいるところを見ると、やっぱりこのブログを作って良かったなと思えます。

私の仕事も少し理解できたようで、「ママすごい!」とキラキラ笑ってくれます。

子供を笑顔にできるコンテンツを作りたいとずっと考えていたので、「きっずくえすちょん」は私のその目標の第一歩です。

たくさんの子供たちが、「きっずくえすちょん」を読みながら文字を読むことを好きになり、たくさんの好奇心をさらに育ててくれたら嬉しいなと思います。

まだ今は数記事しかありませんが、お子様のいる方は是非一緒に読んでみてください。

きっずくえすちょん

最後まで読んでくれてありがとうございました。あず(@yuuki_azusa)でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です